バロン

チチャリート マンサニージャ パサダ エン ラマ

4,390円(税込)
定価:4,730円(税込)
容量:750
ドライで軽やか。
購入数

返品について | 特定商取引法に基づく表記

商品詳細

生産者バロン
生産地サンルーカル・デ・バラメダ
タイプマンサニージャ パサダ エン ラマ
内容量750ml
ブドウ品種パロミノ
熟成年数平均8年以上
度数15%

味わい

極辛口。淡い黄色。凝縮された香り。古木のノート、花のタッチ、ナッツのヒント。

生物学的熟成の繊細なニュアンス。肉感的(ふくらみ豊かでボリューム感のある)、

十分なボディ、鮮やかな酸味、そしてわずかに苦味を伴った余韻を感じる。

〜「XIXARITO(チチャリート)」シリーズ〜

「XIXARITO」は、1984 年にバロンを継承したホセ・ロドリゲス・ヒメネス氏への

の敬意が込められているブランドです。

XIXARITO とは彼のあだ名で、子どもの頃貧しかったためにエンドウ豆(CHICHARO)

しか食べられなかったことから、このあだ名が付けられました。

ラベルに描かれた要素は全て、彼の愛したものや人生の一部がモチーフになっています。

生産者について

バロン

ボデガ・バロンは、1895年マヌエル・バロン・フェルナンデスが1630年の古いソレラを購入し創業。

創設者の妻ドローレス・ロメロ・サンチェスは17世紀半ばよりサンルーカルで何代にも渡り葡萄栽培とシェリー造りをしていた家系の子孫。

良質なアルバリサ土壌の土地に140ヘクタールの土地で葡萄畑を所有していた。

1984年、ホセ・ロドリゲス・ヒメネスが古い歴史を持つこのボデガを買収し継承した。

1989年にはボトリング施設を設置。葡萄栽培からボトリングまで一貫した管理のもとワイン造りを始めた。

現在2つのブドウ畑“エル・ポエド”と“エル・アト”を所有し、オーガニック肥料を使い農薬を一切使わず、環境にやさしいブドウ栽培に取り組んでいる。

コストパフォーマンスにも優れていて人気です。

合う料理

イワシの酢漬け、寿司、アンチョビ、モハマ

サービス温度

5〜7度