フェルナンデス ガオ

2014年ヘレスの企業家アントニオ・サンチェス・ガオ氏が1750年創業のヘレスの最も古いボデガの一つである 「ボデガス・フェルナンデス・ガオ」を復活させようと、プロジェクトを開始。 ブランド名を購入し、彼の家族が持つ古いシェリーのソレラと共に2016年6月「ボデガス・フェルナンデス・ガオ」を再生させた。 現在ヘレスの中心街にボデガを2つ持つ。 一つは長年使われていなかったボデガス レアル・テソロの熟成庫を購入し、再びボデガとして再生させた。 もう一つは以前フェルナンデス・ガオのボデガがあったアルコス通りにボデガを復活させた。 醸造責任者はカディス大学化学卒の化学者であり、ボデガス・フンダドールとバルバディージョにて経験を積んだアントニオ氏の兄弟、フアン・カルロス氏が務める。 クオリティーを保つ為、ボトリングは少量。彼ら兄弟2人が手掛けるこのボデガは、品質にこだわり、昔のヘレスのボデガの歴史を大事に守る信念のボデガ。

並び替え : おすすめ順 | 価格順 | 新着順
6 商品中 1-6 商品