ルイス カバジェロ

BODEGAS LUIS CABALLERO
ルイス・カバジェロ

1830年、ガリシアからチピオナにやってきたオーク樽の供給などをしていた ホセ・カバレイロ・ドラルゴが創業。当時は主にブランデー作りをしていたが すぐに葡萄栽培、シェリーの生産、そしてスピリッツの蒸留も始めた。 1870年イギリスとアメリカへ初輸出。その後良質の土壌にある古くからの葡萄畑 エル・ベニトとラス・クルセスを購 入。1924年南米への輸出が始まり、 ブエノスアイレスに3,300箱のブランデーコニャック・カバジェロを輸出。 1932年には1849年創業のボデガ ホセ・デ・ラ・クエスタと1821年創業の ボデガ ジョン・ウィリアムス・バードンを買収し、チピオナからプエルト にボデガを移した。1944年社名をLuis Caballero S.A.に変更。 1961年プエルトの観光名所でもある歴史的建築物サン・マルコス城の所有者に。 1990年にはヘレスにあるボデガ エミリオ・ルスタウが傘下に入る。 2008年ボデガ・ペドロ・ドメックの看板商品ラ・イーナ、リオ・ビエホ、ボタイナ、 ビニャ25を購入し、ヘレスのボデガ・エミリオ・ルスタウで熟成。

並び替え : おすすめ順 | 価格順 | 新着順
5 商品中 1-5 商品