ルイス ペレス

創業者はルイス・ペレス・ロドリゲス。1948年、サンルーカル生まれ。 1974から1997年まで、ボデガ・ペドロ・ドメックで研究開発のディレクターをしていた 。統制委員会においてワイン醸造学、農産食品などの共同研究に従事し、1977年からカディ ス大学で発酵産業とワイン醸造など化学工学分野における教授を務め、1999年には食品技術の名誉教授に選ばれた。 そして2002年から家族とともにこのボデガを始めた。 ボデガはヘレス中心街から車で約15分のブドウ畑の中にある。 この畑には多くの種類のブドウが植えられており、見学者はたくさんのブドウの樹を見ることができる。 このボデガはカディス・ワインの生産者であり、海中で熟成させたティンティージャ100%のワイン、 「ガルム・サブマリーノ」で話題を呼んだ。 現在はウィリーの愛称で親しまれている息子の醸造家ルイス・ペレス・ベガがディレクターとして ボデガの醸造と品質を管理している。

並び替え : おすすめ順 | 価格順 | 新着順
1 商品中 1-1 商品