ゴンザレスビアス

BODEGAS TIO PEPE(BODEGAS GONZALEZ BYASS )
ティオ・ペペ(ゴンサレス・ビアス)
世界中で愛されているフィノ“ティオ・ペペ”が誕生した偉大なボデガ ゴンサレス・ビアスは1835年マヌエル・マリア・ゴンサレス・アンヘルによって創業。23歳の時に母方の叔父ホセ・アンヘル・イ・バルガス(“ティオ(叔父)・ペペ(ホセの愛称)“ペペ叔父さん”)のサポートと、フランシスコ・グッティエレス・アグエラ氏の協力のもと、10樽のシェリーを買い、マヌエル・ゴンサレスの名前で英国に初輸出。その後1837年に叔父のお気に入りのフィノタイプのシェリーの熟成を始めた。その後1844年イギリスに初輸出したところ大好評を得た。1863年にはロバート・ブレイク・バイアスが経営に加わり、ボデガ名はゴンサレス・ビアスとなる。1998年ビアス家がゴンサレス・ビアスの経営から撤退したが、社名は変更せずそのまま残している。

▼このボデガの商品
3商品 1-3表示
3商品 1-3表示

PICK UP ITEMピックアップ商品

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。