デルカドスレタ(S)

デルカド スレタ

DELGADO ZULETA

Sanlúcar de Barrameda

シェリーのボデガとして一、二を争う歴史を有するのがデルガド・スレタ社。ヘレス・デ・ラ・フロンテラの北西20キロメートルほどにある海沿いの村、サンルーカル・デ・バラメダに本拠を置き、現在の生産量は年間約10万ケースに達する。
所有する自社畑はおよそ50ヘクタールの広さがあり、その全てにパロミノ種が植えられているが、自社畑でまかなえるのは生産量の半分ほど。スペイン国内で非常に人気が高く、そのほとんどが消費されてしまうため、輸出にまわせるのは微々たる量しかないのが現状。

デルガド・スレタは、今なおサンルーカル・デ・バラメダで家族経営を続けるシェリーの老舗。
1744年の創業だが、実際にはそれ以からの醸造の歴史をもつ。
看板アイテムのマンサニージャ”ラ・ゴヤ”は、1918年、当時の有名なフラメンコ・ダンサー「Aurora Mananos Jauffret "La Goya"(アウロラ・マニャノス・ハウフレ"ラ・ゴヤ")」のニックネームからである。
’78年にもう一つの伝統的なシェリーメーカーである「B・ロドリゲス・ラ・カーベ」を傘下に治め、一部のアイテムはこのセラーで造られている。
他のブランドと比べて熟成期間が長く、オーセンティックなマンサニージャが味わえる、数少ないボデガだ。


2商品 1-2表示
2商品 1-2表示

PICK UP ITEMピックアップ商品

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。